賃貸は自由という最大のメリットがあるので、この利点を生かした上で家の購入をしようと思っています。

賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち

賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち

賃貸のメリットを生かして定年までには家を購入するつもりです

賃貸の生活を続けていると、必ず言われることになるのが、この言葉なんです。「家賃がもったいないから、早く家を購入したほうが良いよ。」たいてい、この言葉は持ち家を所有している人が、家をまだ所有していない人へ言う台詞でもあります。持ち家主義の方が多いといわれている日本ですが、確かにその傾向は今でも根強いと、知人などを見ていて感じます。実際に、結婚して家庭をもつと、大半の方がすぐに家を購入しています。しかし、最近では賃貸派という方々が多くいる様になり、私もその中の1人であったりもします。

家を借り続けるというのは、本当にもったいないのでしょうか。私は、そうとは思いません。実際、早く家を購入するのも、借り続けるのも、かかる金額にしてみれば、大差ないのだそうです。定年を迎えても家賃を払い続けるのはやはり難しいと思いますので、それまでには家を購入しようと長いスパンで考えているので、今は家賃を毎月支払いながら、お金の貯め時であると思っています。結局、持ち家の場合は、ローン完済後にそれが資産になっているという最大のメリットがありますが、私の場合は、早くから住宅ローンを抱えたくないという気持ちが、やはり根底にあったりもします。

家を長く借り続けていると、メリットの多さにも気付きます。いつでも引っ越せるという気持ちでいられますので、とにかく自由であるということが、一番のメリットです。そして、引越しを何度もしていると、自分が選んで住む土地というのは、運や縁みたいなものを感じるのです。これは、良い時も良くない時もありました。例えば家の設備が気に入っても、ご近所関係に問題があったりとか、何かが欠けているというケースが、やはりでてくるからなのです。そこで初めから家を購入していたと想像した場合、あきらかに自分は後悔するであろうなと思ったことが、幾度かありました。実際に暮らしてみて、ここに住みたいと思える土地に家をもてるのが、やはり一番良いと思います。今の引越し先が良い環境と良い人間関係に恵まれているので、この付近でそのうち家を購入するつもりです。家を買うという一生に一度の大きな買い物には後悔は必ずつきものだと、よくいわれていますが、こういった賃貸での経験を生かして、なるべく後悔の少ない物件を購入したいと思っています。

おすすめ情報

Copyright 2017 賃貸暮らしでしっかりと貯蓄する人たち All Rights Reserved.